MENU

指に湿疹ができるのはなんで?かゆみを引き起こす手湿疹の原因と対策

指 湿疹

 

「指に湿疹ができてかゆい!」

 

そんな経験をしている人も少なくはないでしょう。

 

普段から作業をするときに使用する部位であるだけに、湿疹ができると満足に作業もできなくなってしまいます。

 

そんな指にできる湿疹は、何が原因で発生するのでしょうか?

 

ここでは、指のかゆみを引き起こす手湿疹の原因と対策についてご紹介していきます。

 

 

1.指のかゆみを引き起こすのは「手湿疹」

 

指 湿疹

 

指に湿疹ができる主な原因として「手湿疹」が挙げられます。

 

手のひらや甲、指などに湿疹やかぶれが生じて、主に以下のような症状が見られるようになります。

 

  • かゆみ
  • 痛み
  • 炎症
  • ヒビ割れ

 

手湿疹はいわゆる「手荒れ」のことであり、水仕事を頻繁にしている女性やそうした職業に就いている人に多く見られます。

 

一種の職業病と考えても問題はないでしょう。

 

スポンサーリンク

 

湿疹ができたときには、激しいかゆみを伴うケースが多く、かき壊してしまうとそこから数日はヒリヒリとした痛みに悩まされます。

 

水仕事を止めるわけにもいかず、湿疹のある手でさらに作業をすると治りが遅れるなど、悪循環となるケースもあります。

 

 

ここがポイント!手湿疹の意外な原因は「接触による刺激」

 

指 湿疹

 

手湿疹ができる原因は、水仕事もありますが多くは「様々な刺激」によるものです。

 

指は様々な物質と接触する機会が圧倒的に多いですよね。

 

何かを持つ、触る、確かめるためには、まず手に持つのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

そのときに触れる物質というものが、体質的に合わなかったりするとそれは刺激となって皮膚炎を生じさせるのです。

 

皮膚を守っている角質層や皮脂がもともと少ないタイプの人だったり、皮脂が頻繁に洗い流されてしまう環境にいる人に見られる湿疹です。

 

 

2.手湿疹はケアを優先して再発を防ぐことが大切

 

指 湿疹

 

手湿疹の発症は、ウイルスや細菌が関係しているというわけではありません。

 

そのため他人に移すという心配はしないで良いでしょう。

 

他人に対して気遣いを示す必要はありません。

 

手湿疹を一度発症すると、水ぶくれが治ったと思ってもふとした時にまた水泡ができてしまうことがあるのです。

 

手のバリア機能が弱っているのが原因であり、ちょっとした刺激にも敏感になってしまうからこそ、ケアを最優先に考えて行動する必要が出てきます。

 

 

ここがポイント!手湿疹の再発を防ぐために必要なこと

 

指 湿疹

 

手湿疹は治ったと思っても再発しやすいのが特徴です。

 

湿疹がヒドい場合にはステロイド外用薬が用いられますが、多くは一時的なその場しのぎの対策でしかありません。

 

まずは皮膚科へ行き、専門的な治療を受ける必要があるでしょう。

 

手湿疹ができたからといって、水仕事を中止するわけにもいきません。

 

ですが水仕事が手湿疹を引き起こしている大きな原因だとも考えられるわけです。

 

ゴム手袋をするなどして、手荒れを防ぐように心がけてください。

 

手袋が手荒れを引き起こす主な原因になっているのであれば、木綿の手袋などを最初にはめてから、ゴム手袋を着用すると効果がありますよ。

 

 

3.まとめ

 

指 湿疹

 

指のかゆみを引き起こす手湿疹の原因と対策をご紹介してきました。

 

手湿疹は一種の職業病ともいわれており、悩んでいる人は主婦を中心としてかなり多いと言われています。

 

手湿疹は一度治っても再発しやすいので、なかなか治らない場合は皮膚科を受診して専門的な治療を受けるようにしてみて下さい。