MENU

首はデリケート!首に湿疹ができる3つの原因って?

首 湿疹

 

首は一般的に皮膚が薄くなっています。その関係でバリア機能が他の皮膚に比べて傷つきやすくなるばかりでなく、アクセサリーや衣服の接触が多く肌トラブルを引き起こしやすい特徴を持ちます。

 

この関係で、首は湿疹ができやすい場所と言えるでしょう。首にできる湿疹は具体的に、何が原因で起こるのでしょうか?

 

 

化粧品やアクセサリーが原因で接触性皮膚炎になる?

 

首 湿疹

 

首にできる湿疹として、「接触性皮膚炎」が挙げられます。化粧品やアクセサリーなど、外部からの刺激が常に受け続けることにより発症します。

 

湿疹だけでなく、赤く腫れたり痛みを伴う場合もあり、接触していた部分だけが真っ赤になってしまうことも少なくありません。体質や遺伝的なものもあり、どんな物質に対して反応を示すかは人それぞれ違ってきます。

 

スポンサーリンク

 

金属や湿布に含まれる薬剤に反応する人が多いようです。接触を避けて、ステロイド剤が配合されている軟膏を塗れば比較的短時間で治療が化膿ですが、再び接触すれば発症しますので近づけないのが無難でしょう。

 

接触性皮膚炎は、「外的要因」と呼ばれており、接触など外部からのアクションによって引き起こされます。ところが、アトピーなどの内的要因によっても、首に湿疹ができることがあります。

 

 

首の皮膚は刺激によって乾燥する

 

首 湿疹

 

知らない間に、角質層や皮膚膜に損傷が与えられていると、そこが乾燥してかゆみを引き起こす場合があります。

 

多くは入浴時にタオルで首元をごしごしと洗ったりして、傷つくようです。

 

スポンサーリンク

 

乾燥が進んでしまうと、乾燥性の敏感肌になります。こうなるとマフラーやタートルネックといった首に触れる衣類にも敏感に反応をして、チクチクしたり赤く腫れてしまうといったトラブルが生じます。

 

首の皮膚が傷つけられたうえに、外気が乾燥していると湿疹が生じやすくなります。症状がヒドくなると「皮脂欠乏性湿疹」という皮膚疾患に発展する可能性があります。

 

 

汗によるあせもが原因で湿疹も

 

首 湿疹

 

汗を大量にかいた後に、首付近に湿疹ができる場合は「あせも」が疑われます。汗を大量にかくことによって、汗腺がふさがりやすくなってしまい、皮膚の内部に汗が染みだしてしまって炎症を引き起こします。

 

あせもは、大人よりも新陳代謝が活発である子供のほうが生じやすいと言われます。皮膚科を受診して、医師から処方される外用薬を用いて時間をかければ治る疾患ですので、根気よく治していきましょう。

 

 

首の湿疹が悪化する場合はすぐに皮膚科へ

 

首 湿疹

 

首元はデリケートな場所です。そのためちょっとした変化で、湿疹ができる可能性が高くなります。

 

症状が出ても軽症で済む場合も多いので、「またできたか」程度の認識の人もいますが、症状が悪化すると治りが悪くなるなど大変です。

 

また、ただの湿疹だと思ったら皮膚の疾患という可能性もあります。症状の治りが悪かったり、悪化するなどしている場合にはすぐに皮膚科へ行きましょう。

 

症状が出ているならば、ステロイド剤が配合された薬や、かゆみがひどい場合は抗ヒスタミン剤の外用薬等を用いて自然治癒によって治るのを待ちます。

 

 

首に湿疹ができるときに考えられる原因について紹介しました。軽症の場合も多いですが、もしかしたら皮膚疾患の可能性もありますので、気になるときには病院へ行くのが良いです。