MENU

乾燥によるフケの正体とは?「乾性フケ」を今すぐ改善する方法

フケ 乾燥

 

清潔にしているハズなのに、フケが襟元に付着しているのを見ると憂鬱になっちゃいますよね。どうしてもフケを見ると不潔なイメージが先行してしまうからです。

 

しかしいくら清潔にしていても、フケが生じる可能性があるようです。そこには「乾燥」という問題が絡んでいるのです…。

 

 

フケは大きく分けて2種類存在する?

 

フケ 乾燥

 

不潔なイメージがあるフケですから、髪の毛や頭皮をしっかりと洗っている人からすれば、発生している自体信じられませんよね。

 

しかし実際には、頭が清潔かどうかと、フケの発生が関係ない場合もあるんです。

 

スポンサーリンク

 

フケには2種類のタイプがあります。頭皮が乾燥するために発生する「乾性フケ」と頭皮に脂分がぎっしりと付着している「脂性フケ」です。

 

何日も頭を洗わないなど不潔な状態によって発生するのが、脂性フケとなります。

 

つまり毎日しっかりと洗髪をしているのに、フケが発生しているのであれば乾性フケを疑うべきと言えるのです。

 

 

乾性フケってどんなフケ?

 

フケ 乾燥

 

乾性が原因によって発生するフケには、いくつか特徴が見られます。フケが肩に落ちてもベタベタしておらず、カサカサしているので積もってしまいます。

 

サラサラしているフケは、乾性フケに見られる大きな特徴です。脂性のフケは頭皮から落ちることは少なく、肩に積もることはあり得ません。襟元から肩にかけて頻繁にフケが見られるときには、乾性の可能性が高いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

乾性と脂性ではフケの色や形状に違いが出てきます。白く細かいタイプのフケが目立つようであれば、乾性、黄色っぽく大きいフケが見られたら、それは脂性タイプです。

 

乾性フケの場合は、しっかりと洗髪をしても改善されません。念入りにシャンプーをしすぎると、それが悪化の原因ともなってしまいます。

 

 

乾性フケの原因はターンオーバーの機能が低下?

 

フケ 乾燥

 

乾性フケを発生させる原因は、頭皮に存在する表皮細胞です。健康的な頭皮であれば、周期的に行われる肌の若返り「ターンオーバー」によって入れ替わります。つまり古くなった細胞を隠居させて、新しい細胞にバトンタッチするのです。

 

頭皮が健康的でないと、このターンオーバーが上手くいかなくなってしまい、古くなった表皮細胞が塊のまま(通常は目に見えない小さなサイズ)となって剥がれ落ちます。これがフケと認識されるのです。

 

角質にダメージがあって、ターンオーバーのサイクルが上手にいっていない人が、乾性フケに悩まされてしまいます。

 

 

シャンプーやり方と食生活の改善を心がけよう

 

フケ 乾燥

 

角質層と皮質によって頭皮は外部からの刺激から、皮膚を守ってくれています。ですがブラッシングやシャンプーなどのしすぎによって頭皮の角質層等がダメージを受けてしまうと、頭皮を守るバリア機能が失われてしまうのです。

 

乾性タイプのフケを発生させないようにするには、洗浄力の強すぎないシャンプーを用いて、食生活に気を付けます。皮質の分泌よりも多く洗い流してしまうことは、大きな痛手となりますのでそこを防ぐための取り組みが必須です。

 

ヘルシーな食事ばかりでは、必要な脂分を摂取できません。適度に脂質を摂りいれた食生活を心掛けるようにしてください。バランスという面ではとても難しいところですが、コントロールをしていきましょう!

 

 

頭皮が乾燥していると、フケが目立ちます。その原因と対処法について紹介していきました。フケが目立つと恥ずかしいですし、不潔だと勘違いされてしまいますので、早く対処をしていきたいものですね。