MENU

皮膚がんの初期症状は?ホクロや爪に現れる皮膚がんの5つの兆候

皮膚がん 症状

 

「がん」という病気は、部位によって名称が変わります。

 

様々な場所から発症する可能性がありますので、油断することはできません。

 

多くの人が発症する危険性があると言われるのが、「皮膚がん」です。

 

ホクロやしみと間違えやすいのですが、皮膚がんの場合は特徴的な症状があります。

 

では、どんな症状が皮膚がんでは見られるのでしょうか。

 

ここでは、皮膚がんの初期症状として、ホクロや爪に現れる5つの兆候についてご紹介していきます。

 

 

1.皮膚がんの可能性もある「異常なホクロ」

 

皮膚がん 症状

 

皮膚がんの症状は、種類によって異なります。

 

皮膚がんには、

 

  • 基底細胞がん
  • 有棘細胞がん
  • 悪性黒色腫

 

の3種類があり、発生するメカニズムや症状などが違っているんですね。

 

基底細胞がんの場合、ホクロのような突起物ができます

 

スポンサーリンク

 

通常のホクロと比べて、青黒いという色的特徴を持ち、真珠のような光沢を見せているので、他のところにあるホクロとは明らかに異なっているので見た目でわかります。

 

またまぶたや鼻といった顔に発生することが多いという特徴を持っています。

 

顔に大きな突起物ができ、通常のホクロとは違っているように感じたら基底細胞がんの可能性があります。

 

 

2.有棘細胞がんの特徴である「出血をともなうホクロ」

 

皮膚がん 症状

 

皮膚がんの種類のひとつである、「有棘細胞がん」にみられる症状の特徴として、ホクロの出血があります。

 

通常のホクロとの見分けが付きにくく、自覚症状に乏しいため発見が遅れることが多いという厄介さを持ちます。

 

有棘細胞がんは、ホクロの表面に炎症や潰瘍が生じることが多く、出血を伴ったり悪臭を漂わせる場合があります。

 

スポンサーリンク

 

触った感触としては、ザラザラしたり、ごつごつしたりして、表面が盛り上がっているというケースが多いです。

 

ここまで変化があればわかりやすいのですが、「痛み」という自覚を伴わない場合がほとんどですので、服に隠れていたり、見つけにくい場所にあるときには発見が遅れます。

 

 

3.悪性黒色腫の目印は「成長する大きなホクロ」

 

皮膚がん 症状

 

悪性黒色腫は、「メラノーマ」とも呼ばれています。

 

この皮膚がんの症状としては、ホクロと正常な皮膚の境目が不明慮となり、ホクロの色がどす黒いです。

 

直径がおよそ1センチにも及ぶ大きなホクロになるという特徴を持っており、このような症状が見られたら悪性黒色腫である可能性がとても高いと考えるべきでしょう。

 

 

4.気付きにくい皮膚がんの兆候「足裏のホクロ」

 

皮膚がん 症状

 

皮膚がんの初期症状のひとつに、足裏の異常もあります。

 

足のうらに茶色や黒褐色のホクロのようなものができます。

 

最初は通常のホクロと変わりませんが、徐々に色が濃くなってきて、大きく成長していきます。

 

歩くときに違和感を覚えたり、痛みなどを伴うときには皮膚がんの可能性は捨てきれません。

 

 

5.ホクロ以外の皮膚がんの初期症状「爪の異常」

 

皮膚がん 症状

 

皮膚がんの初期症状として多く見られるのが、爪の異常です。

 

爪の出どころが黒くなっていたり、爪が黒っぽくなり、縦にひび割れるなどの異常が見られるようになります。

 

こんな表記をすれば、痛みがあると感じるかもしれませんが、不思議と痛みはないんですね。

 

そのため「気のせいか」と見過ごしてしまうのですが、いつもとは違う爪の異常を感じたら、皮膚がんの可能性があるので、体が発する大切なメッセージを見逃さないようにしましょう。

 

 

まとめ

皮膚がんに見られる初期症状について紹介してきました。

 

がん初期の兆候としては、ホクロや爪の異常といった誰にでも起こり得るようなものが多いので、一時的なものだろうと間違った判断をしてがんの進行を促進させてしまうのです。

 

だから、ホクロや恒にちょっとでも違和感を感じれば、念のため皮膚科に行くなどの対応をしていきましょう。