MENU

皮膚のかゆみが起こる原因とは?皮膚がかゆくなる3つの疾患

皮膚 かゆみ

 

皮膚は外部からの刺激を常に受けています。

 

それだけじゃなく、実は体内からの影響も大きく受けるので、まさに板挟みのような状態を続けているという特徴があります。

 

そんな皮膚ですが、場合によっては「かゆみ」を伴うケースもあり重症化することも…。

 

かゆみを伴う皮膚疾患にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

ここでは、皮膚のかゆみが起こる原因と、皮膚がかゆくなる3つの疾患についてご紹介していきます。

 

 

1.かゆみの代表的な疾患「接触性皮膚炎」

 

皮膚 かゆみ

 

皮膚科へ受診する人の3分の1が、「かゆみ」を訴えてくると言われます。

 

それだけ身近な存在であるのと同時に、皮膚疾患の種類がかなり多いという特徴も持っているのです。

 

代表的なかゆみを伴う疾患を挙げていきますが、その中でも多くの患者がいるとされるのが「接触性皮膚炎」です。

 

スポンサーリンク

 

かぶれとも表現され、接触した部分のみに炎症が起きるため、境界がはっきりしているという特徴があります。

 

かゆみだけでなく、ヒリヒリとした痛みや水ぶくれ、腫れなどが見られます。

 

重症化するケースは稀ですが、全身症状に発展する例も見られますので注意が必要です。

 

 

2.皮脂の過剰分泌で発症する「脂漏性皮膚炎」

 

皮膚 かゆみ

 

皮脂が過剰分泌されるために起こる「脂漏性皮膚炎」もかゆみを伴う皮膚疾患として代表的でしょう。

 

鼻の周囲や頭皮といった、皮脂の分泌が多い部分を中心として確認されています。

 

スポンサーリンク

 

激しいかゆみを伴って、皮膚が赤くなったり荒れてカサつくなどの異常が見られます。

 

かきすぎると、皮膚がベラベラにはがれてしまう場合もあるなど、油断できない状態が続きます。

 

頭にできたときには、皮膚がはがれる関係でフケ症と勘違いするケースも目立ちます。

 

放置をしておくと、皮膚が酸化されてしまい酸っぱいニオイが頭皮から放たれるので要注意です!

 

 

3.皮脂量が少なくなると発症する「皮脂欠乏性湿疹」

 

皮膚 かゆみ

 

皮膚は皮脂によって外部からの刺激を防いでいます。

 

過剰に分泌されるのも困るのですが、なければバリア機能を失ってしまうので肌荒れの直接的な原因となり得るため、バランスが大切になってくるんですね。

 

皮脂量が少なくなると「皮脂欠乏性湿疹」と呼ばれる疾患になります。

 

皮膚のバリア機能が損なわれるので、肌が乾燥して角質がはがれてしまう状態を指します。

 

皮膚表面がガサガサして、痛みを伴うかゆみが出ていたり、白い粉がふいたようになってしまうなどの異常があれば、皮脂欠乏性湿疹の可能性が高いでしょう。

 

 

4.外部からの刺激で起こる「ヒスタミン」が湿疹を引き起こす

 

皮膚 かゆみ

 

このような湿疹や皮膚炎が発症する原因は、種類によって大きく異なります。

 

この中には原因が不明なものも含まれているのですが、かゆみを伴う湿疹のほとんどは、肌のバリア機能が損なわれているから起こるのです。

 

バリア機能が損なわれているときに、外部から刺激を受けると肌は異常を感知して人に知らせます。

 

そのときに、神経伝達物質であるヒスタミンが刺激を受けた部分で多く分泌されるために、かゆみが発生するのです。

 

 

5.軽症であっても余裕があれば受診することが大事!

 

皮膚 かゆみ

 

皮膚のかゆみは、症状が軽い場合には無視をしてもかまいません。

 

自然治癒能力に頼れば、自然と治ることができるからです。

 

一般に販売される薬の種類も多くなってきたので、軽症であれば病院へ行かずに市販の薬で対応できるようになりました。

 

これを「セルフメディケーション」と呼んでいます。

 

症状がひどくないときは、薬剤師に相談してみるというのもひとつの手段かもしれません。

 

しかし、皮膚にかゆみが見られるときは何かしらの異常が発生している可能性が高いです。

 

時間的な余裕があれば、皮膚科医に相談するのが一番確実な方法です。

 

 

6.まとめ

 

皮膚 かゆみ

 

皮膚のかゆみが起こる原因と、皮膚がかゆくなる3つの疾患をご紹介してきました。

 

皮膚がかゆくなるのは、軽症でも重症でも体内で何かしら異常があるというサインです。

 

不安なことがありましたら専門医に相談すると安心でしょう。