MENU

おまたがかゆい…おまたがかゆくなる原因と病気は?

おまた かゆい

 

誰にも相談できないのが、おまたがかゆい時。デリケートゾーンの悩みは多くの人が抱えていますが、話すにはかなり勇気が必要でそのままにしている人もいることでしょう。

 

おまたがかゆくなるのは、何が原因でどう対処をしていくべきでしょうか?

 

 

おまたがかゆくなる原因のほとんどは「おまたの蒸れ」?

 

おまた かゆい

 

おまたがかゆい原因は、深刻な病気じゃないことがほとんどです。

 

というのも、蒸れたりおりもの、さらにはナプキンによるかぶれから汗など、身近な原因がかゆみを引き起こしているケースが圧倒的に多いからです。

 

スポンサーリンク

 

下着やストッキング、ナプキンの使用などによって女性のおまたは、通気性が悪く汗が中々蒸発してくれず蒸れやすい環境になっています。生理中であれば特にかゆみが起こるでしょう。

 

最近は吸収性が優れているナプキンが登場しているので、交換する回数が少なくて済むようになりました。とはいっても、雑菌は多く繁殖している可能性があるので、こまめに交換しなければかゆみの原因となります。

 

 

体質によって、おまたのかゆみの強さが違う!?

 

おまた かゆい

 

おまたは蒸れやすい環境が整っています。これだけでかゆみを引き起こすのですが、さらにそこに体質が入ってくると、よりかゆみは強さを増すと言われています。

 

特に敏感肌、アレルギー体質の人は、おまたが敏感でデリケートになりやすいです。

 

スポンサーリンク

 

毎日のお風呂でしっかりと洗っていたとしても、日中に蒸れてしまうと皮膚がすぐにかぶれてしまい、かゆみや痛みが生じます。

 

さらに普段は問題なくても、ストレスを感じていたり疲れが残っているときは、かぶれやかゆみは起こるものです。妊娠中や抗生物質を服用している場合も、おまたはデリケートになってかゆが起こります。

 

 

蒸れから引き起こすカンジダ膣炎かも…

 

おまた かゆい

 

おまたがかゆい原因のほとんどは、「蒸れ」が関係していることが分かりました。ですが、すべてがそうだというわけではなく、病院で検査が必要な時もあります。

 

その代表的なのが「カンジダ膣炎」です。性行為によっても感染しますが、日和見感染するケースも多いので、性行為の経験がない若い女性にも感染することがあります。

 

カンジダという真菌(カビ)が、膣内の粘膜や周辺に付着して増殖します。カンジダそのものは、常在菌といってどんな女性の膣にも存在しており、通常は免疫機能によって増殖を抑えています。

 

体調不良や生理前のホルモンバランスの乱れにより、免疫機能が弱まると条件が良ければ繁殖します。そして激しいかゆみを伴うのです。蒸れとは違う明らかな異常を感じるので、病院へ行く人が多くそこで感染が確認されます。

 

 

カンジダの正しい治療法と再発防止とは?

 

おまた かゆい

 

カンジダ膣炎だと判明したら、医師から専門的な治療が施されます。多くの場合、「膣洗浄」といって、膣内で増殖した菌を洗い流して症状を鎮める方法を取ります。

 

ですが、これを日常的にしていると善玉菌まで流してしまうので、感染症発症の可能性が増えてしまいますので、頻繁にはしません。

 

カンジダ膣炎は再発しやすい病気です。体調を整えて日和見感染しないように注意する必要があります。

 

ビタミン剤を飲んで、軟膏やクリームを患部に塗るという治療が行われ、かゆみは1〜2周間ほどで落ち着きます。

 

あとは食生活を改善し、規則正しい生活を心掛けましょう。

 

 

おまたがかゆい原因について紹介しました。ほとんどは病気ではありませんが、場合によっては膣内にカビが繁殖してかゆくなっていることもあります。

 

カンジダ膣炎は、再発しやすいのが特徴ですから体調を整えて健康な毎日を過ごすように工夫しましょう!