MENU

手の平や甲に湿疹…湿疹とかゆみが引き起す病気と対処法

手 湿疹 かゆみ

 

手の平や甲に湿疹ができて、かゆみも伴っている。こうした手の皮膚のトラブルは多くの人が悩まされています。水仕事をするのも、何か作業をするのにも支障がでるので大変です。

 

手の平や甲に見られる湿疹は、何が原因で発生してしまうのでしょうか?

 

 

「手荒れ」が原因で手湿疹になる?

 

手 湿疹 かゆみ

 

手に生じる湿疹で多いのが、「手湿疹」と呼ばれる皮膚炎です。いわゆる手荒れのことで、手のひらだけでなく、指先から指の腹にかけて赤みを帯びながら乾燥し、角質が剥がれ落ちる現象を指します。

 

初期症状のまま治るケースもありますが、多くの人が進行して重症化します。

 

スポンサーリンク

 

進行すると指腹にまでひび割れが生じてしまい、痛みがヒドくなります。かゆみがない人もいますが、かゆみを訴えるケースもあるようです。

 

進行性指掌角皮症という、手荒れが重症化した病気は痛みのみでかゆみはありません。赤い丘疹が皮膚にできる、「主婦湿疹」になるとかゆみを伴います。

 

 

手湿疹が発症する原因と理由とは?

 

手 湿疹 かゆみ

 

手湿疹ができる原因は、主に水仕事が関係しています。主婦や理容師、美容師などの水仕事を頻繁にしている人に見られるようです。

 

皮脂の分泌によって発生する皮脂膜が、通常は皮膚を保護しています。外気などの刺激を常に受ける皮膚はバリア機能がなければすぐに傷ついてしまいますので、皮脂膜がその役割を担っているのです。

 

スポンサーリンク

 

ところが、頻繁に手洗いをしたり洗剤を使用したりすることによって、バリア機能を持っている皮脂が失われてしまいます。皮脂を失った皮膚が露出すると、直に刺激を受けるようになって症状が起こると考えられているのです。

 

またアトピー性皮膚炎を発症した経験のある人は、皮膚が乾燥すると手湿疹が生じやすい体質になっているようです。

 

 

手湿疹を予防する方法、治療方法とは?

 

手 湿疹 かゆみ

 

手に湿疹が生じた場合は、かゆみに応じて外用薬を用いましょう。

 

ヒドい場合にはステロイド外用薬を使い、さらに抗ヒスタミン剤が配合されている内服薬などを用います。内服薬に関しては必ず薬剤師に相談をしたうえで使用してください。

 

水仕事をしている人に発生しやすいものですので、手袋を着用して水仕事をするなどして対応をしてください。もし手袋の着用によってかゆくなる場合には、材質を変えるか内側部分に綿の手袋を着けるようにすると効果があります。

 

ハンドクリームを用いるときには、白色ワセリンタイプを就寝前に塗り、昼間はベトベトしていないさっぱりしたクリームを使うなどしましょう。

 

 

手湿疹はアレルギー反応により発生するケースも・・・

 

手 湿疹 かゆみ

 

手にできる湿疹でかゆみを伴うものに、「アレルギー性接触皮膚炎」があります。何らかの原因物質が皮膚に長時間接触することで皮膚が「かぶれ」てしまい、湿疹やかゆみ、痛みなどを伴っていきます。

 

何が原因になるかはその人の体質や遺伝的なものが関係しており、事前に判明することは難しいと言われます。発症してから初めて、自分はその物質にアレルギー反応を起こすんだと気づかされます。

 

根本的な治療というのは難しいので、原因物質が判明したらできるだけその物質を避けるように生活をします。かゆみや炎症が生じているときには、ステロイド外用薬を用いて治療されますが、一時的な処置にしかすぎません。

 

まずは皮膚科へ相談して、何が原因なのかを突き止めて適切な対応をするように心がけましょう。

 

 

手にできる湿疹で、かゆみを伴う病気について見ていきました。身近な手荒れもそうですが、アレルギーにおける接触皮膚炎も手にできる湿疹の代表的な存在です。

 

何が原因なのかを特定し、冷静に対応をしていきたいものですね。