MENU

かけばかくほど背中がかゆい!背中がかゆくなる5つの原因

背中 かゆい

 

気づいたら背中がかゆい時ってありますよね。場所によっては手では届かない部分がかゆかったりするので、もどかしい気持ちになる場合もあります。

 

そんな背中におけるかゆみですが、何が原因で発生するのでしょうか?

 

 

1.皮膚の乾燥がかゆみを生み出す

 

背中 かゆい

 

背中も顔や腕と同じ皮膚です。そのため、外気が乾燥していると角質層にある細胞間皮質の機能が低下してしまいます。

 

この機能が低下すると、外気から皮膚を守っているバリアが弱くなるので、すぐに皮膚は乾燥します。

 

スポンサーリンク

 

皮膚が乾燥するとヒビ割れが生じ、そこに細菌が入り込んで炎症します。こうすることによってかゆみが発生するのです。バリア機能に大きく貢献しているのが皮脂ですが、この皮脂の分泌が弱まることによっても、皮膚は乾燥してかゆみを伴います。

 

「皮膚の乾燥」が、背中をかゆくさせる主な原因と考えられます。

 

 

2.目立った症状がない…皮膚掻痒症かも

 

背中 かゆい

 

赤い腫れや湿疹などは特に見られないのに、背中がかゆい時は「皮膚掻痒症」の可能性があります。掻痒(そうよう)とは、かくと余計にかゆくなるという意味です。

 

全身のいたるところに見られるので、背中に発生する可能性も十分にあります。これは皮膚の乾燥や生活習慣の乱れなどが原因で起こると言われており、特に冬季に多くの人を悩ませます。

 

スポンサーリンク

 

皮膚は常に外部から刺激を受けるので、古い細胞は外に排出されて新しい細胞が入れ替わります。これをターンオーバーと呼びますが、生活習慣が乱れていると、ターンオーバーのサイクルが乱れてしまいます。

 

これが乱れると、皮膚を守るバリア機能が低下するので皮膚掻痒症を患うのです。軟膏を塗れば一時的には治りますが、再発する可能性がとても高い疾患ですので、根本を治療する必要があるでしょう。

 

 

3.接触性皮膚炎による炎症の恐れも!

 

背中 かゆい

 

背中は下着などの衣服が常に接触する可能性があります。衣服からの刺激を受け続けると、皮膚が炎症を引き起こすことがあるのです。これを「接触性皮膚炎」と呼びます。

 

接触性皮膚炎になると、局所的に赤く腫れて炎症を引き起こし、場合によってはかゆみや痛みを伴います。自分の肌に合わない素材、アレルゲン物質などが当たっていると、体の免疫機能が過度に働いてしまい不必要な炎症を発生させてしまうのです。

 

背中に湿布を貼ったり、塗り薬等を用いているときにはこの現象が生じる可能性が高くなります。もし発症したら、使用を中止するなど対応が必要となるでしょう。

 

 

4.子供やお年寄りがなりやすい「乾皮症」

 

背中 かゆい

 

子供や老人に見られる「乾皮症」でも、背中がかゆいと感じます。これは「アンドロゲン」と呼ばれる男性ホルモンの分泌が少なくなってしまい、皮脂の分泌が減少していき皮膚が乾燥する疾患です。

 

成人はアンドロゲンの分泌はある程度確認できるので、乾皮症を患うケースは少ないと考えられています。改善するためには、保湿クリームを塗るなどして、背中の保湿ケアをしていきます。

 

 

5.ペットに寄生するノミやシラミの影響

 

背中 かゆい

 

もしペットを飼っているならば、ノミやシラミに噛まれることによる炎症も考えておきたいところです。犬や猫にはどうしてもノミやシラミがついてしまいますので、しっかりと洗濯をしたり、死骸を掃除するなどして対策しましょう。

 

部屋にまく駆除薬なども販売されているので、そうしたアイテムを使って対策をするというのもひとつの手です。

 

 

背中がかゆい時の原因を見ていきました。かなりの原因がありますので、特定するのが難しいかもしれませんが、しっかりと把握をして対策しましょう。