MENU

鼻の中がムズムズしてかゆい!鼻の中がかつくなる原因と治療法

鼻の中 かゆい

 

鼻の中が妙にかゆい。そんな経験をしている人も少なくはないでしょう。指を突っ込んでかく訳にもいかないので、我慢をするのですが気になって仕方がなくなります。

 

そんな不快な鼻の中のかゆみですが、何が原因で起こっているのでしょうか?

 

 

アレルギー性鼻炎の疑いがあるかも!?

 

鼻の中 かゆい

 

鼻の中がかゆい時、まっさきに考えられるのが「アレルギー」です。アレルギー性鼻炎という言葉を耳にする機会が多くなっていますが、漠然としすぎていてよくわかりませんよね。

 

体が持つ免疫機能が、ある物質によって過剰反応してしまい、様々な症状が体に出てくるのがアレルギーです。どの物質が自分の体が過剰に反応するかは人によって様々です。金属もあれば果物もありますし、発症する前に発見するのは難しいという厄介な特徴があります。

 

スポンサーリンク

 

鼻の中がかゆい時に関係してくるアレルゲン物質としては、「花粉」が考えられます。日本では人工林として有名な「スギ」が出す花粉がアレルギー反応を引き起こすとして知られており、春先から悩む人が多いですよね。

 

花粉以外では、ハウスダストや「温度変化」でも反応が出るようです。治療には洗浄などが用いられ、アレルゲン物質から遠ざかるという対応が必要となるでしょう。

 

 

かゆみ以外に様々な症状を引き起こすドライノーズ

 

鼻の中 かゆい

 

聞きなれないかもしれませんが、「ドライノーズ(乾燥性鼻炎)」も鼻の中がかゆい原因となりえます。鼻の中が常に乾燥してしまい、カサカサしている状態を指します。

 

かゆみだけでなく、鼻水や鼻づまり、さらには鼻をかむと出血するという現象も発生することがあります。鼻にまつわるトラブルの大半を、ドライノーズは引き起こすと考えられているので、かなり厄介です。

 

スポンサーリンク

 

ドライノーズは、エアコンなどの空調管理によって発生することが多いです。たとえば、冬に暖房をつけっぱなしにしていたとします。すると空気がより乾燥をしてしまうので、喉の調子が悪くなったり鼻水が止まらなくなってしまうのです。

 

これがドライノーズであり、どんな人でも発症する可能性がある身近な鼻トラブルですね。

 

 

アレルギー専用の治療薬が必要

 

鼻の中 かゆい

 

鼻の中がかゆい場合、耳鼻科に行き相談をしましょう。ほとんどがアレルギー性鼻炎か、ドライノーズですから、それに沿った治療をしていくのが早く治すのに大切です。

 

治療法ですが、かゆみがヒドい時は抗ヒスタミン剤の飲み薬が処方されます。もし炎症を起こしているようであれば、ステロイド点鼻薬等が処方されますが、ステロイドは副作用が懸念されるので必ず医師の指示に従うようにしてください。

 

治療を続けていけば、1週間ほどで症状は改善されるでしょう。ですが根本的な治療ではありませんので、アレルゲン物質を取りいれればまた再発をします。

 

再発を防ぐためにも、アレルギー反応を引き起こす物質を特定して、近づかないようにしてください。

 

 

皮膚を保湿することを忘れずに!

 

鼻の中 かゆい

 

ドライノーズが原因で鼻の中がかゆい時、アレルギーに効果がある点鼻薬を使うことはできません。乾燥して鼻内の皮膚がダメージを受けている状態ですから、アレルギーの薬は逆効果。

 

ドライノーズを治療するには、保湿をするのが最優先。加湿器を上手に使って部屋を乾燥させすぎないようにしたり、ドライノーズ専用で市販されているスプレーを用いると効果的です。

 

 

ここでは鼻の中がかゆい時に考えられる原因と、対処法について紹介していきました。鼻に関するトラブルは、多くの人が経験をしており実際に悩んでいます。

 

原因を特定して改善をしていき、悩ましい問題を解決していきましょう!