MENU

乾燥による湿疹でかゆい…皮脂欠乏性湿疹の治療法とは?

乾燥 湿疹

 

乾燥の時期になると皮膚がダメージを受けて湿疹が生じやすくなります。元々は、高齢者に多く見られていた現象ですが、最近は若者にも見られるようになってきました。

 

皮膚が乾燥すると、どうして湿疹が発生してしまうのでしょうか?

 

 

皮膚が乾燥しているのは「皮脂欠乏性湿疹」かも

 

乾燥 湿疹

 

皮膚が乾燥して湿疹が起こる疾患を、「皮脂欠乏性湿疹」と呼びます。これは皮膚を守っている皮脂が欠乏してしまうことにより、バリア機能が損なわれ皮膚が乾燥して角質がはがれてしまう状態を指します。

 

皮膚表面などがガサガサしたり、白っぽい粉がふいているような状態になる。あるいはひび割れができて痛みやかゆみ等が発生しているというのが、外見上に見られる特徴的な症状です。これらがある場合は、皮脂欠乏性湿疹を疑ったほうが良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

皮膚が乾燥していると、弱酸性に保たれている皮膚がアルカリ性に傾くので常在菌の働きが活発化します。そのため皮脂が欠乏している状態は、細菌感染のリスクを上昇させるという怖さがあります。

 

バリア機能が損なわれてしまうと、角質層を通常は浸透しない物質をも通りぬけてしまうので、髪や衣服が触れるだけでかゆみを感じてしまったり、使い慣れているハズの化粧品ですら刺激を強く感じてしまうのです。

 

 

石鹸が原因で「皮脂欠乏性湿疹」を引き起こす可能性も?

 

乾燥 湿疹

 

皮脂欠乏性湿疹は、セラミドや天然保湿因子というバリア機能を維持してくれる物質の分泌が低下した高齢者に多く見られます。ですが最近は若い人や子供にまで増えていると言われています。

 

健康的な人が突然発症するというケースは非常に稀で、若いときに発症する人はアトピー性皮膚炎の素因があったり、石鹸やボディシャンプーを多用する人などに見られます。

 

スポンサーリンク

 

というのも、皮脂欠乏性湿疹は皮膚からうるおいを奪う薬剤や洗浄剤へ接触したり、皮脂を吸い取る物質への接触によって起こりやすくなります。

 

石鹸などの多用は必要以上に皮脂を取り除いてしまうので、バリア機能が常に弱くなってしまうのです。

 

 

薬を使って皮脂欠乏性湿疹を治そう

 

乾燥 湿疹

 

皮膚が乾燥したときに起こる、皮脂欠乏性湿疹は根本的な治療をしなければ、冬季は常に発症するリスクを伴います。もし発症したならば、保湿剤が配合されている外用薬を用いることが主な治療方法となります。

 

白っぽい粉が皮膚から噴き出しているなど、皮脂欠乏性湿疹はいつもとは違う皮膚の異常を感じやすいです。

 

そのため皮膚科へ受診する人も多いですが、そのときに処方される保湿剤には、白色ワセリンやケラチナミンなどがあります。

 

湿疹によって炎症がある人は、ステロイド剤が処方されたり、かゆみが強いときには抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤が配合されている内服薬が処方されます。

 

 

知っておこう!皮脂欠乏性疾患は未然に防ぐ方法

 

乾燥 湿疹

 

体質的に、皮脂欠乏性湿疹になりやすい人もいます。未然に防ぐには肌を乾燥させる洗剤などに触れるときには、できるだけ手袋を使うなどして直接触れないように注意しましょう。

 

またエアコンの設定温度、湿度などに注意をして乾燥しすぎないように部屋を調整しましょう。加湿器などを上手に用いるだけでも効果が大きいと言われます。

 

皮膚に直接触れるような下着や寝具は、長い時間密着しているわけですから肌触りが自分に合い、ソフトの素材を選ぶということも忘れないように。

 

 

乾燥によって湿疹を引き起こす疾患について紹介しました。高齢者だけでなく、美肌を意識している若い世代にも増えているということですから、決して他人事ではありません。

 

元々アレルギー性皮膚炎などの病気を持っている人は、発症しやすいですから特に注意をして生活するようにしてくださいね。