MENU

手がムズムズかゆい!手のかゆみ湿疹ができる4つの原因

手 かゆい

 

手がかゆい事態に悩まされている人も少なくはないでしょう。水仕事や通常の作業をするときに、手がかゆいと色々と大変な状況となります。

 

手がかゆいときは、何が原因だと考えられるのでしょうか?

 

 

水仕事によって手湿疹ができる

 

手 かゆい

 

手がかゆい時に考えられる原因は多岐に及びます。その中でも、多くの人に関係しているのが「手湿疹」ですね。いわゆる「手荒れ」であり、水仕事をしている人を中心として発症するケースが多いのが特徴です。

 

皮膚は外部からの刺激を守るために、バリア機能を有しています。このバリア機能は、皮脂によって主に構成されているのです。

 

スポンサーリンク

 

この皮脂が、水仕事を通じて何度も洗い流されてしまうと分泌が追い付かずに、足りない状態となります。皮脂が足りなければ外部からの刺激の影響をダイレクトに受けてしまうので、炎症を引き起こしやすくなるのです。

 

手湿疹が見られたときには、かゆみだけでなくヒリヒリとした痛み、小さなブツブツが発生するなど厄介な症状も確認できるので早めのケアが求められます。

 

まずは保湿を大切にし、水仕事をするときにはゴム手袋を装着するなどして対応をしていくことが必要となります。

 

 

生活習慣の乱れが原因かも

 

手 かゆい

 

手の一部分に湿疹が見られ、それが長く続きかゆみや痛みなどを発症させる疾患を、「慢性湿疹」と呼んでいます。手がかゆい人の中にも、この慢性湿疹は頻繁に見られます。

 

強いかゆみを伴うので、かき壊してしまうケースも見られます。すると皮膚が赤くなって、それを繰り返すと皮膚が厚くなります。これを「苔癬化(たいせんか)」と呼びます。

 

スポンサーリンク

 

水ぶくれはそこまで多くは発生せず、ほとんどは発生すらしません。手の他の部分に関しては正常ですが、慢性湿疹という名前からわかるように症状が長く続きます。

 

神経に沿って症状が見られる場合もあり、原因が複数あるという特徴を持ちます。内的要因による変化とも考えられるので、睡眠不足など生活習慣の乱れと関係していることも多いようです。

 

ステロイド外用薬や抗ヒスタミン剤の内服を長期間おこないます。精神的なストレスで不眠の場合は睡眠導入剤の併用が有効という場合もあります。

 

 

汗が引き起こす汗疱の可能性も

 

手 かゆい

 

手の湿疹で「汗疱(かんぽう)」もあります。指の腹から手の平にかけて無数の水ぶくれ、湿疹が見られます。時間が経過するにしたがって水ぶくれは破れて、鱗屑(りんせつ)という状態へ変化します。

 

初夏に多くの人が発症し、1か月程度で自然に治ります。ですが毎年繰り返すという特徴があるので注意が必要です。

 

今のところ原因は明らかになっていません。一説によれば、汗が皮膚内に入り込み、そのままの状態になっている現象だと指摘されています。逆に、汗腺はあまり関係なく、まったく違う原因による湿疹だともされています。

 

 

掌蹠膿疱症には要注意!

 

手 かゆい

 

手湿疹と似ていますが、「掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)」という疾患も、手にかゆみを伴います。

 

手のひらに近い手首部分に紅斑やミス部呉、鱗屑などが出現して全体を埋め尽くします。長い期間治らずに、痛みや腫れを伴う場合もあるのでかなり厄介です。

 

原因は不明となっています。金属アレルギーや歯、耳からの細菌感染が関係しているのではないかと指摘されることもありますが、確実なことは分かっていません。

 

治療にはステロイド外用薬が用いられます。かゆみがひどい時には、抗ヒスタミン薬が内服される場合もあるようです。抗生物質が有効なこともあり、重症の際は免疫抑制薬が処方されます。

 

 

手がかゆい時に疑われる病気について見ていきました。同じような症状に見えても、原因や治療方法などが異なりますので、気になる場合は皮膚科を受診しましょう!