MENU

頭皮が赤いのは病気?!頭皮が赤くなる原因と症状を和らげる対処法

頭皮 赤い

 

頭皮は鏡でしっかりと確認しなければ、異常があるかどうかわかりにくい部分です。

 

そのためケアを怠りやすい場所ですから、肌トラブルを抱えている人は意外に多いんですね。

 

さらに、頭皮は顔の皮膚よりも炎症を引き起こしやすいほどデリケートなんです。

 

頭皮に赤いブツブツができていたり、単純に赤くなっていれば不安になりますよね。

 

頭皮が赤くなるのは何が原因なのでしょうか?

 

ここでは、頭皮が赤くなる原因と症状を和らげる対処法についてご紹介していきます。

 

 

1.頭皮が赤くなる主な原因

 

頭皮 赤い

 

頭皮が赤い場合に考えられる一番の原因は、紅斑(こうはん)」です。

 

おそよ70%の人が頭皮に何らかのトラブルを抱えていると言われており、その中でも紅斑はもっともよくみられるトラブルだと言われます。

 

この紅斑は、一時的な症状のケースがほとんどです。

 

発見できたからといってすぐに治療が必要な症状でもありません。

 

スポンサーリンク

 

気を付けておきたいのは、紅斑が長期にわたってみられるときや、赤い状態だけでなく「かゆみ」を伴う時です。

 

フケの量が増えてきたならば、違う病気が潜んでいる可能性もあるので、皮膚科を受診してみるのが良いでしょう。

 

 

ここがポイント!紅斑は「内部の毛細血管」から発生する

 

頭皮 赤い

 

頭皮が赤い状態となる紅斑が発生する原因は、内部の毛細血管にあります。

 

頭皮近くを通る毛細血管が拡張をしたために、頭皮の下が透けて血の赤みが見えている状態なのです。

 

毛細血管が拡張しているから、頭皮が赤くみられる紅斑が発生します。

 

毛細血管を拡張させている原因は様々で、シャンプーの刺激が強かったり、不衛生だったり、紫外線や乾燥という可能性もあります。

 

スポンサーリンク

 

通常はかゆみや痛みなどの自覚症状はありません。

 

いつの間にか消えていることが多いのですが、さきほどにも紹介したように痛みなどの自覚症状があれば、重症化している可能性があります。

 

紅斑はそれほど怖い病気ではありませんが、早期の発見から適切な対処をしておいて損をするものではありません。

 

発見が難しいですが、できるだけ早めに見つけて対処をしていきましょう。

 

 

2.紅斑の症状を和らげる対処法

 

頭皮 赤い

 

頭皮が赤くなる原因は主に「紅斑」によるものでしたね。

 

紅斑の症状は自覚症状がありませんが、悪化すると大変ですので、和らげるために上手く対処していきましょう。

 

 

@頭皮を清潔に保ち、保湿ケアをすることが大切

 

頭皮 赤い

 

頭皮に赤い部分が見られる紅斑。

 

これを対処するには、頭皮を常に清潔な状態にしておく努力が求められます。

 

毎日のお風呂では、爪を立てて頭皮をガリガリ洗うのではなく、指の腹を利用してやさしくマッサージするように洗っていきます。

 

シャンプーやリンスのすすぎ残しは紅斑を発生させる直接的な原因となりますので、ゆっくりと確実に洗っていきましょう。

 

さらに、頭皮は乾燥しやすい性質を持っています。

 

冬季のように乾燥する季節であれば、炎症を引き起こしやすくなりますので、化粧水や乳液で頭皮をケアするのもおすすめです。

 

頭皮は顔の皮膚と同じく1枚を共有しているので、顔の皮膚に対して行うケアをそのまま使えるという利点があります。

 

外出時には紫外線から頭皮を守るという行動も、紅斑を対処するのに必須と言えるでしょう。

 

 

A市販のマッサージグッズで血行促進する

 

頭皮 赤い

 

血行不良が紅斑を発生させているとも考えられます。

 

適度なブラッシング、頭皮へのマッサージを、毎日とはいいませんが週に3日以上は行うように心がけてみてください。

 

最近はシャンプー時に頭をマッサージしてくれるブラシも販売されています。

 

頭皮を傷つけないほどのほどよい突起がついており、やさしくマッサージができるようになっているためリラックス効果も期待できます。

 

髪の毛を洗うときに、ついでに頭皮をマッサージできれば毎日行えるので、紅斑の対処にばっちりですね!

 

こうした便利なアイテムを上手に使っていきましょう。

 

 

3.まとめ

 

頭皮 赤い

 

頭皮が赤くなる原因と症状を和らげる対処法をご紹介してきました。

 

自覚症状がないので気づきにくいのですが、多くの人が発症する可能性を秘めている紅斑。

 

早期発見をして、適切な対処をして早めに治しておくのが理想です!