MENU

新生児の脂漏性皮膚炎!幼児に湿疹ができる4つの原因とは?

幼児 湿疹

 

幼児は大人と違い皮膚のバリア機能が弱いです。そのため、ちょっとした刺激でも皮膚に炎症を引き起こす可能性もあり、湿疹が一番できやすい時期だとも言われています。

 

幼児に見られる湿疹は、何が原因で見られるのでしょうか?

 

 

注意が必要な新生児の脂漏性皮膚炎

 

幼児 湿疹

 

新生児から幼児にかけて多く見られるのが、「脂漏性皮膚炎」です。乳幼児は、母親から女性ホルモンを多く受け取っている関係で、皮脂の分泌が多い傾向にあります。

 

過剰分泌される皮脂は、肌表面から毛穴にかけて溜まりやすくなり、この関係で湿疹がでてしまうのです。他にも外部からの刺激が考えられます。汚れた手でほほを触ったり、赤ちゃん自身が患部が気になってひっかいたりして悪化するのです。

 

スポンサーリンク

 

ケア方法としては、入浴時にしっかりと肌を洗ってあげて清潔に保つようにします。かさぶたみたいな黄色いものがへばりついているときは、入浴前にワセリンやベビーオイルなどを使うと、ふやけて取れやすくなります。

 

刺激の少ないシャンプーやボディーソープを選び、泡をたっぷりとしてしっかりと洗ってください。爪を清潔にして切りそろえておくというのも、脂漏性皮膚炎を防ぐために重要です。

 

 

おむつの汚れからくる「かぶれ」

 

幼児 湿疹

 

幼児に見られる湿疹の原因に、「接触性皮膚炎」があります。皮膚に炎症を引き起こす物質が長時間接触していると見られる湿疹であり、触れている患部だけが赤く腫れるなどの特徴があります。

 

乳幼児に見られる場合には、おむつが一番多いです。おむつを長時間そのままにしておくと、尿や便に含まれている刺激の強いアンモニアや酵素が皮膚に炎症を引き起こし、湿疹を生じさせるのです。

 

スポンサーリンク

 

最近のおむつは通気性に優れていると言われていますが、夏場はそれでも蒸れやすくなります。長時間つけたままにしないで、頻繁に交換をして清潔に保つというのが、一番の予防となるでしょう。

 

もし湿疹ができた場合は、患部に「亜鉛華単軟膏」を塗ります。もし症状がヒドいときにはステロイド外用薬を使いましょう。

 

 

あせもで湿疹ができてしまうケースも!

 

幼児 湿疹

 

原因を特定するのは難しいですが、何かしらが影響して汗腺が詰まって、汗が皮膚の中に溜まってしまうことによって炎症を引き起こすのが「あせも」です。

 

あせもになると、赤い水ぶくれができるタイプと、湿疹ができるタイプの2種類あります。どちらの対策にも言えることは、まずはこまめに着替えさせるというのと、汗をたくさんかいているならばシャワーで洗い流すなど実施しましょう。

 

湿疹が生じているときはかゆみを伴うケースが多いので、ステロイド剤が配合されている外用薬を用いて治療をします。かきすぎて化膿しているときには、抗生物質が配合されているステロイドを用いて治療をしていくのが基本となります。

 

 

虫刺されによる「とびひ」は危険?

 

幼児 湿疹

 

虫刺されから発症しやすいのが、「伝染性膿痂疹(とびひ)」です。虫刺されやかすり傷などに細菌が繁殖して、透明な水ぶくれや膿の塊などができる感染症として知られています。

 

虫刺されにおいて、かゆみが増大しその過程でかいてしまい、中のほうから液体が染み出て他の部位にかゆみや湿疹が飛び火するというのが特徴です。幼児期から学童期にかけて多く見られます。

 

治療をするには、亜鉛華単軟膏、抗生物質が配合されている軟膏を患部に塗布していきます。一番は「かかない」ことが大切ですが、子供は大人と違って我慢がまだできないのですぐに気にしてかいてしまいます。

 

そのときには、市販されているパッチシートなどを利用して、患部をかいても傷付けないようにしておきましょう。

 

 

幼児に見られる湿疹が、どうして発生するのかその原因について紹介しました。幼児期は特に湿疹に悩まされやすいですから、保護者が正しい認識を持って冷静に対処してあげましょう。