MENU

頭が臭いのは2つの原因が関係している?頭皮が臭くならない対処法

頭 臭い

 

しっかりとシャンプーをしているのに、頭が臭い。

 

こうなると人前に出るのも嫌になりますし、満員電車などのときには、周囲の目を気にするなどストレスが溜まる生活になってしまいます。

 

悩みの種でもある、頭の臭いは何が原因で、どう対処していけば良いのでしょうか?

 

ここでは、頭が臭くなる2つの原因と、頭皮が臭くならない対処法についてご紹介していきます。

 

 

1.頭が臭くなる原因は頭皮と毛髪の2つにある

 

頭 臭い

 

頭が臭い原因は、頭皮と毛髪の2つが関係しています。

 

まず頭皮ですが、頭皮は皮脂腺と汗腺の2つが体の中で一番多く存在しています。

 

その関係で、頭皮に異常が発生しないように通常は適度な皮脂膜というもので守られており、皮膚の状態を正常な状態に保っているのです。

 

スポンサーリンク

 

皮膚表面には誰にでも常在している菌がいますが、皮脂膜が繁殖を抑えています。

 

ところが皮脂が過剰に分泌されたり、皮膚のバリアを担っている機能が低下するなどしてバランスが乱れると、常在菌が繁殖して、酸っぱい特有のニオイを発します。

 

続いて毛髪ですが、毛髪は毛皮質という線維の集合体であり、周囲をキューティクルという膜で覆っています。

 

そのため中の線維が飛び散らないようにうまく機能しているのですが、パーマや乾燥などによって毛髪が損傷すると、キューティクルがはがれます。

 

キューティクルがはがれるとニオイ成分が線維に入り込みやすくなり、たばこなどの煙の臭いをも吸着してしまいます。

 

これによって毛髪が臭くなってしまうわけです。

 

 

2.シャンプーで基本的なケアをすることが大切

 

頭 臭い

 

頭のニオイが気になる人は、頭皮と毛髪の2つが関係している場合が多いです。

 

そのため、正しいケアをして生活習慣を改善していくというところからスタートしていくのが望ましいでしょう。

 

食生活において、脂質を抑えるなどの工夫も取り入れると、効果が高まります。

 

スポンサーリンク

 

頭が臭い場合のケアとして、基本はシャンプーとなります。

 

洗髪はにしっかりと行うというのが基本です。

 

皮脂や汗によって、頭皮はすぐに汚れてしまいます。

 

これを放置して寝てしまうと、寝ている間に雑菌が繁殖をしてしまい、フケやかゆみ、ニオイの原因となります。

 

整髪剤をつけたまま就寝すると、よけいに悪化するので確実に落とすようにしましょう。

 

 

3.食生活を見直して体内から改善する方法

 

頭 臭い

 

頭皮の臭いニオイを改善させるには、生活習慣を整える必要があります。

 

ヘアケアだけをしていれば良いというものではなく、栄養や睡眠、さらにはストレスなどにも注意を向けなければなりません。

 

まずはバランスの良い食事に気を付けます。

 

頭皮も毛髪も「ケラチン」と呼ばれるたんぱく質で作られています。

 

このケラチンは、亜鉛や鉄、ビタミンBなどを使って作られるので、貧血ですと抜け毛が多くなるのです。

 

頭皮や毛髪を若々しくするには、常に新しいものが作られる環境でなければいけません。

 

それには、キノコや海藻などをバランスよく摂り、頭皮や毛髪を作るのを助ける食生活を送りましょう。

 

もちろん3大栄養素を摂ることも忘れてはいけません。

 

 

4.普段の生活習慣を見直すことで改善できる

 

頭 臭い

 

頭が臭い人は、生活習慣が悪くなっている可能性があります。

 

暴飲暴食をしていたり、たばこを吸う量が増えていたり。

 

アルコールは肝臓で解毒されますが、そのときにビタミンB2を使います。

 

さらに喫煙によってニコチンを体内に取り入れると、ニコチンを無毒化させるために大量の抗酸化成分を消費することとなります。

 

ニコチンは血流を悪化させるので、頭皮や毛髪に悪影響を与えて臭い原因ともなるのです。

 

そのため、アルコールやたばこを控えるだけでも、頭が臭いという事態を抜け出すことができるようになります。

 

そして大切なのは、質の良い睡眠をとるということです。

 

睡眠中には成長ホルモンが分泌されていきます。

 

この成長ホルモンは、頭皮や毛髪を健康的な状態にしてくれるとても頼もしいものですが、睡眠不足になると分泌が低下します。

 

睡眠不足は脱毛の原因にもなりますので、質の良い睡眠を取るように心がけてください。

 

 

5.まとめ

 

頭 臭い

 

頭が臭くなる2つの原因と、頭皮が臭くならない対処法をご紹介してきました。

 

当たり前のことですが、普段のケアを気を付けることが大切ですね。

 

また、生活習慣との関係が大きいので、そこをしっかりと克服して対応をしていきましょう!