MENU

赤ちゃんの肌にブツブツが!湿疹が発症する4つの原因と対処法

赤ちゃん 湿疹

 

生まれたばかりの赤ちゃんは、大人と比べても皮膚のバリア機能が弱い特徴を持ちます。そのため、様々な肌トラブルが起こりやすい状態になっており湿疹ができる可能性が高いといえます。

 

赤ちゃんに発生する湿疹には、どんな種類があるのでしょうか?

 

 

赤ちゃんにもニキビができる!新生児ニキビの特徴

 

赤ちゃん 湿疹

 

赤ちゃんに一番見られる湿疹の一つに、「新生児ニキビ」があります。生後1週間から1か月ほどにみられるのが特徴で、おでこやほっぺに赤いニキビのぶつぶつが複数発生し、場合によっては顔全体に広がります。

 

母親から受ける女性ホルモンによって、皮脂の分泌量が多い赤ちゃん。皮脂が多ければ大人と同様、毛穴が詰まってしまい常在菌の繁殖の住処となり、そこからニキビへとつながっていくというのが、基本的な原因です。

 

スポンサーリンク

 

他にも、外部からの刺激、たとえば汚れた手で大人が赤ちゃんを触ってしまったり、赤ちゃん自身が引っかいたりした刺激からニキビにつながるケースもあります。

 

毎日入浴をして、顔を清潔に保つケアが何よりも大切です。刺激の少ない赤ちゃん専用の石鹸やボディーソープを使ってあげるということも忘れないようにしてくださいね。

 

 

原因としてアトピーが隠れている場合も

 

赤ちゃん 湿疹

 

赤ちゃんの湿疹は、もしかしたら「アトピー性皮膚炎」かもしれません。症状の特徴は、顔面や耳たぶ、頭部などに赤い湿疹ができて、強いかゆみを伴います。脂漏性湿疹と似ている部分もあるようですが、何度も繰り返すという違いがあります。

 

遺伝子的にかゆみを引き起こしやすい体質と、アレルゲンに接触することで起こる皮膚炎だと考えられています。ところが現代の医学でも原因やメカニズムなどを十分に解明することができていません。アレルゲンとして考えられるのは、ダニやストレス、動物の毛、食物アレルギーなど人それぞれ。

 

スポンサーリンク

 

症状を悪化させないためには、アレルゲンから避けることが大切です。何が反応をしているのか特定できないときには、刺激を少なくして清潔を保つというケアをするようにしましょう。

 

衣類のタグを外したり、洗濯洗剤や柔軟剤などを用いて、しっかりとすすいだりという、小さなことの積み重ねが大切となります。慢性的な症状が特徴ですので焦らずにゆっくりと治療をしていきましょう。

 

 

食物アレルギーに注意しよう

 

赤ちゃん 湿疹

 

赤ちゃんが湿疹する原因として、「食物アレルギー」も見逃せない点です。アレルゲンとなる食べ物を口にすることによって現れる湿疹であり、口のやその周辺、あるいは全身に湿疹ができて呼吸困難や下痢を伴う場合もあります。

 

特定の食物に対して反応するアレルギー体質というのは、胎児の頃から出来上がると言われます。生後間もない時期から5歳にかけて、多くは発症するようです。

 

赤ちゃんが発症する代表的なアレルゲンには、卵や小麦、大豆などが挙げられます。妊娠期の母親の食事に、赤ちゃんがアレルゲンを示す可能性が考えられるので、過剰摂取を避けるようにしましょう。

 

生後半年から1年ぐらい経過すれば、アレルギー検査を受けることが可能となります。まずは品目やその程度などを明らかにしてから、専門家の指導を受けるようにしてください。

 

 

赤ちゃんの湿疹で代表的な乳児脂漏性湿疹とは?

 

赤ちゃん 湿疹

 

赤ちゃんの湿疹で忘れてはいけないのが、「乳児脂漏性湿疹」でしょう。湿疹の中でもニキビと同じぐらいに発症する可能性が高いと言われています。

 

生後4か月ぐらいまでには現れるようになり、頭部から顔面にかけて黄色いかさぶたのようなものが発生。かゆみ等はありませんが、患部はじゅくじゅくする場合もあります。

 

ニキビと同様に、女性ホルモンにおける皮脂量の過剰分泌が原因です。皮脂が毛穴に溜まることによって、菌が繁殖し湿疹につながるのです。他としては外部からの刺激等も考えられます。

 

入浴前にベビーオイルやワセリン等を使って患部をふやかしておけば、入浴時に取れやすくなります。あとは刺激の少ない成分が配合されたシャンプー等を使って清潔を維持しましょう。

 

 

赤ちゃんにみられる代表的な湿疹について紹介しました。皮脂の過剰分泌やアレルギー反応など、発症する原因は様々ですので、どれに該当するのかを確認したうえで対応をしていきましょう。