MENU

アトピーは食事で改善できる!アトピーが改善する食事方法

アトピー 食事

 

アレルギー反応によって、体に湿疹ができるアトピー。何が原因でそうなったかを特定するのは、非常に難しいとされており、人によっても変わってくるという厄介な点を持っています。

 

食事が原因でアトピーになる例は増えており、食生活を変えることによって改善が可能なケースがとても多いのも事実。

 

どんな食生活を送れば、アトピーの被害を最小限に防ぐことができるのでしょうか?

 

 

アトピーが出た食べ物には気を付けよう!

 

アトピー 食事

 

アトピーにつながるアレルギー反応は、その人の体質や環境によって異なります。一般的には、牛乳、魚介類、牛肉、豚肉などはアレルギー反応を引き起こしやすい例だと説明される場合が多いです。

 

他にも、オレンジやバナナ、イチゴといった果物でアレルギー反応を起こす人もいます。

 

その人独特の反応があり、食べてみなければどの食べ物によってアレルギー反応が起こるのかはわかりにくいのが特徴です。

 

スポンサーリンク

 

もし食べてみて、かゆみや炎症、湿疹などの反応が出てしまったら、しばらくはその食品を摂取しないという対応が必要となるでしょう。

 

インスタントに含まれている添加物や着色料などの人工的な成分というのは、アレルギー反応を強く引き起こすため、アトピーになりやすいとされています。

 

人工的な成分は胃腸が消化するのに大量のエネルギーを使う関係で、生命活動に必要なエネルギーを確保できずに体調不良となり、アトピーになってしまうのです。

 

 

和食を中心とした食事を心掛けよう!

 

アトピー 食事

 

食事のメニューによっては、アレルギー反応を引き起こしてアトピーになる可能性が高くなります。しかしそれと同時に、人間の体は口から摂りいれた食べ物によって構成されているわけですから、食事のメニューを変更できればアトピーになりにくい体質にもっていけます。

 

積極的に摂取をしたい栄養素というのが、皮膚を健康的な状態に持っていってくれる重要な役割を果たすビタミンとミネラル。脂質、糖質、タンパク質も必須の栄養素と言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

これらをバランスよく食事から摂取するのは、なんだか大変そうなイメージがありますよね。これらを含むバランスのとれた食事というのが、日本人なら昔から知っている「和食」なんです!

 

世界遺産にも登録された和食は、炒め物や揚げ物などが中心の洋食に比べて脂質が低いので、アレルギー反応を発生させにくいと言われています。食べる時間をなるべく一定にして食べたいものです。

 

 

遺伝的に合わなくなった食生活の影響とは?

 

アトピー 食事

 

食生活の欧米化が進んだ結果、食事メニューのバリエーションが豊富になりました。和食も洋食も中華も、そのときの気分で選べるようになりましたので、食事の楽しみ方が増えたのは事実です。

 

ところが洋食、ファストフード、インスタント食品中心の食事をしてしまうと、消化するのに大量のエネルギーが必要なため、体調を崩しやすくアトピーになってしまうのです。

 

遺伝的な側面も強く、古くから焼き魚、煮物、お漬物、味噌汁にご飯という和食を中心にしていた日本人は、遺伝子がそれを上手に吸収できるように作られています。

 

そこに、炒め物や揚げ物など本来はあまり摂取することのないものを多く摂りいれるようになれば、体が異常を示すのも無理はありません。アトピーの患者が増えているのも、日本人になじみのない食事が増えてきたからだとの指摘すらあるのですから。

 

 

食事メニューを工夫して改善を目指そう

 

アトピー 食事

 

アトピーを解消したいならば、食事のメニューを変えて食生活を変更するべきです。とは言っても、食事を急に変更するというのは勇気がいりますし、難しいとすら感じてしまいますよね。

 

もし3食とも洋食やインスタントで済ませているのであれば、最低でも1食だけでも和食にするなどのアレンジを加えてみてください。いきなりすべてをガラリと変えてしまうのは難しいですし、長続きするものでもありません。

 

食事を改善して、それが効果を表すまでには100日はかかると言われています。約3か月は改善された食事をして、様子を見てみましょう。

 

 

アトピーを食事で改善するにはどうするべきか、その方法について紹介しました。洋食やインスタント食品を中心とした、現代の食事では必要な栄養素を満足に摂れることなく、偏ってしまう傾向があります。

 

和食を中心とした食事をして、改善をしていきましょう。