MENU

顔がムズムズかゆい!顔がかゆくなる主な原因と対処法とは?

顔 かゆい

 

顔がかゆいと感じると、かなり大変ですよね。人前でポリポリとかいていると、不潔なイメージを与えてしまいますし、爪を立ててしまうと顔に傷が入ってしまい恥ずかしいです。

 

顔がかゆいとき、何が原因なのでしょうか?

 

 

かゆみの原因は、皮膚の乾燥で起こる「ヒスタミン」の影響?

 

顔 かゆい

 

顔がかゆいと感じたときに、原因となるものは様々です。一般的に多いと言われるのは、まずは「乾燥」ですね。

 

皮膚は常に外部からの接触・刺激を受けています。そのため皮膚には「皮脂」と呼ばれるバリアが存在しており、これが皮膚を守ってくれているんですね。

 

ところが生活習慣が乱れることによって、皮脂の分泌量が低下してしまうと、すぐに外部からの刺激等に皮膚が耐えられなくなってしまいます。日本では冬季になると乾燥する地域が増えることから、乾燥という外気の刺激に皮膚がさらされるわけです。

 

スポンサーリンク

 

皮膚が乾燥すると、セラミドと呼ばれる成分が不足します。セラミドが配合されている細胞間皮質は、角質層に存在して皮膚を守ってくれているのですが、それが不足してしまえば肌はカサカサになり、白い粉が吹きだします。

 

肌がカサカサすると、「ヒスタミン」と呼ばれる神経伝達物質が多く分泌されるため、該当箇所がかゆくなるのです。

 

 

睡眠不足が肌を不健康な状態に!

 

顔 かゆい

 

「睡眠不足」によって、顔がかゆいと感じることもあります。皮膚は常に古い細胞と新しい細胞が入れ替わっており、綺麗で若い細胞が常に活躍できるような環境になっています。

 

細胞が入れ替わる現象を、「ターンオーバー」と呼んでおり、28日周期でサイクルされています。健康的な人であればターンオーバーはサイクル通りに進んでいき、肌荒れや肌トラブルなどが生じにくい状態になるのです。

 

スポンサーリンク

 

このターンオーバーのサイクルと深く関係しているのが成長ホルモン。成長ホルモンの分泌は、22〜2時の間にピークを迎えると言われているのですが、十分に活躍をするにはその時間帯に寝ていなくてはいけません。

 

寝不足だったり、夜更かしをしてしまうと成長ホルモンを満足に分泌できないので、ターンオーバーのサイクルが乱れてしまい肌荒れを起こします。これが顔のかゆみにつながってくるのです。

 

 

アレルギー反応もかゆみを引き起こす

 

顔 かゆい

 

顔がかゆいのは、アレルギー性皮膚炎かもしれません。何らかのアレルゲン物質が体内に入るか、顔に接触することによって発症するもので、原因がとても多いため発症してからでないと特定が難しいと言われます。

 

顔にできやすい場合は、アトピーが考えられます。アトピーは脂質の多い食生活を送っている人に多く見られ、無数の湿疹が顔にできて非常にかゆくなります。ですがかいてしまうと症状が悪化するという厄介な病気です。

 

アトピーも、アレルギー反応の一種ですので該当するアレルゲン物質を避けるなどして、予防をしていきます。

 

アレルギー性皮膚炎だと感じたら、軽症であっても皮膚科へ行きましょう。そしてパッチテストなどをして、どの物質に反応しているのかを検査し、治療と対策を考えていくべきです。

 

 

顔のかゆみ…ストレスが原因かも!?ストレス解消法とは?

 

顔 かゆい

 

顔のかゆみに「ストレス」がかなり影響を与えているようです。現代はかつて人類が経験したことのないストレス社会となっており、多くの人が見えない敵に苦しんでいます。

 

適度なストレスであれば、人体に害はなく、むしろ良い影響を与えると考えられているのですが、多くの人は過度なストレスを受けています。

 

仕事や勉強、人間関係などに代表される精神的ストレスは、胃腸の活動を鈍らせます。免疫細胞は腸の周辺に6割ほど存在していると考えられており、腸の働きが弱くなれば免疫細胞の動きも鈍ります。

 

すると体調不良になりやすいですし、ちょっとした皮膚の刺激でも体が過剰に反応するようになり、「なんだか体がかゆいな」という状況になってしまうのです。

 

ストレスを発散するには、「夢中になる」という方法がベストなようです。スポーツでもゲームでもショッピングでも、自分が夢中になれる時間を見つけて上手に発散していきましょう!

 

 

顔がかゆいと感じる代表的な原因について紹介していきました。生活習慣の乱れやストレスなど、内的要因だけでなく、外気の乾燥やアレルギー反応といった外的要因も原因にあるなど、幅広いです。

 

まずはどうして自分の顔がかゆいのか、その原因を特定してから治療や改善をしていく必要があります。