MENU

皮膚炎は長引く!?皮膚炎の根本的な原因と主な治療法

皮膚炎 原因

 

かゆみや痛み、腫れなどを引き起こす皮膚炎。様々なタイプがあると言われるので、発症したら何かと気になってしまいます。

 

そんな皮膚炎ですが、いったい何が原因となっているのでしょうか?

 

 

皮膚炎が起こる2つの原因って?

 

皮膚炎 原因

 

湿疹や皮膚炎になるには2種類あり、それを「外的因子」「内的因子」の2つに分けて考えています。

 

外的因子は、皮膚表面に何かしらの原因物質が接触することによって発症するタイプです。

 

スポンサーリンク

 

化学物質やハウスダスト、花粉から紫外線、さらには化粧品にいたるまで原因と考えられている外部からの刺激は数多く存在しています。

 

これらを事前に特定するのは難しく、発症してから原因の特定が分かるようになるのだとか。まずは発症の流れを理解してから、治療を進めていく必要があり、内的因子と同様に再発する可能性が高いです。

 

 

外的因子でアトピー性皮膚炎を引き起こす

 

皮膚炎 原因

 

内的因子は、遺伝的な要素が多いアレルギー体質や、乾燥肌、発汗異常や皮脂分泌の異常などが挙げられます。これらは体内においてその原因が作り上げられているという点に特徴があります。

 

漆(うるし)などに接触することによって発生する可能性があるかぶれなどは、外的因子が原因となる皮膚炎ですから明確に区別がされています。

 

スポンサーリンク

 

ところが部分的には内的因子ですが、外的因子が関係してくる皮膚炎もあります。その代表的なのがアトピー性皮膚炎です。

 

アトピーそのものは体質が関係しているのですが、それを引き起こすハウスダストなど、外的因子が加わっていることも理解をしておくべき点でしょう。

 

明確に区別ができない皮膚炎も多いので、原因の特定がより難しくなるという特徴があります。

 

 

皮膚炎は予想以上に治りにくい!

 

皮膚炎 原因

 

異物が外部から侵入してきたとき、体を守るために「免疫細胞」が活躍します。このときに免疫反応が示されており、それによって外敵から身を守ることができるので、健康的な毎日を送れるのです。

 

細菌に感染すれば、免疫反応が引き起こされ炎症が発生します。これは生物が持つべき自然の反応といえるでしょう。ところが、この免疫反応が過剰となってしまい、毒性が低い場合においても防御反応が示され、湿疹から皮膚炎を発症するのがアレルギー性皮膚炎です。

 

普段であれば問題ない異物にも、過敏に反応してしまうので治すのが難しく再発もしやすいのです。

 

 

皮膚炎になった時なすぐ医師に相談を

 

皮膚炎 原因

 

皮膚炎の原因の特定が難しい場合も多いですが、治療はどのように進めていくべきか迷ってしまいますよね。皮膚炎を確認したら、軽症であってもとりあえずは皮膚科に行くのがベストです。

 

何が原因で発症したのかは、パッチテストを行えばある程度わかるようになりました。そこが分かれば、物質を避けるなどの具体的な対応、予防がしやすくなります。

 

炎症がひどいときには、ステロイド外用薬が処方されます。医師の指示に従って正しく用いるようにしましょう。

 

 

皮膚炎の原因について見ていきました。具体的な原因というものを特定するのがとても難しいですが、そこを理解できれば冷静な対応がしやすくなります。