脇がかゆいのはなぜ?!症状から分かる脇のかゆみ3つの原因

脇 かゆい

 

夏場になると特に脇がかゆい悩みを抱える人が増えます。

 

脇のムダ毛を剃った後も、ピリピリとした痛みと同時にかゆみが発生するときもあり、気になって仕方がありません。

 

脇がかゆいと感じるのは、どうしてなのでしょうか?

 

ここでは、症状から分かる脇のかゆみ3つの原因についてご紹介していきます。

 

 

1.「アトピー性皮膚炎」によってかゆみが起こる

 

脇 かゆい

 

脇がかゆくなる原因は、実は色々とあります。

 

その中でも多くの人に関係してくるのが「アトピー性皮膚炎」でしょう。

 

原因物質が皮膚に接触したり、体内に摂りいれるなどした際、体の免疫機能が過剰に働き、皮膚に湿疹などを発生させる疾患です。

 

原因となるアレルゲン物質が何なのか事前に分かる場合は少なく、特定が難しいという特徴をもちます。

 

スポンサーリンク

 

発症してから、皮膚科でパッチテストなどを通じて特定される場合が多く、そこから該当する物質に近づかないなどの対応をしていき予防します。

 

アトピー性皮膚炎になると、主に上半身、さらには首よりも上の皮膚に湿疹を発生させる可能性が高いです。

 

もちろん脇の部分にも湿疹が見られることも多く、かゆいと感じるでしょう。

 

脇は特に通気性が悪く、湿度が高いので雑菌が繁殖しやすい環境にあるため、かゆみがより強くなるケースも見られます。

 

 

ここがポイント!デリケートな皮膚は気候によって刺激を受ける

 

脇 かゆい

 

アトピー性皮膚炎になると、アレルゲン物質における皮膚炎もそうですが、季節によって変わる気候が原因でかゆくなることもあります。

 

たとえば、冬季は外気が乾燥しているので、皮膚も乾いてしまいかゆくなります。

 

夏場は汗をかくので、それが刺激となって「かぶれ」てしまい、かゆみや痛みを伴いやすくなったりします。

 

スポンサーリンク

 

健康的な人と比べると、アトピー持ちの人は皮膚がデリケートで弱いという特徴があるので、ちょっとした脇環境の変化でかゆみが生じてしまうのです。

 

汗を放置するよりかは拭いたほうがマシですが、拭くとかゆみよりもピリピリとした痛みが増すので厄介!

 

しかも、気になってかいたりすると色素沈着が起きて黒ずんでしまいます。

 

 

2.女性に多い「カミソリ負け」によって起こるかゆみ

 

脇 かゆい

 

脇の毛は一般的にはムダ毛とされており、処理をする女性も多いですよね。

 

露出の多い服装の際に脇毛が見えてしまっては、かなり恥ずかしいですから…。

 

ですがカミソリを使ってムダ毛を剃ると、カミソリ負けを起こして肌荒れしてしまい、かゆみを伴います。

 

剃った後は専用の保護クリームを塗るなどして対応しておかないと、皮膚を傷付けたまま放置状態になるので炎症が悪化します。

 

傷つくと、そこから雑菌が入り込んでブツブツが大きくなり、かゆいだけでなく腫れて痛みを伴います。

 

そうなると、とてもではないですが見せられる脇とは言えないでしょう。

 

 

3.「制汗剤の使い過ぎ」は皮膚を傷付けてかゆみを起こす

 

脇 かゆい

 

脇には汗腺が多いので、夏場は大量の汗が脇から出てきます。

 

ニオイが気になるので、制汗剤を使っている女性も多いのではないでしょうか。

 

制汗剤は汗の嫌なニオイを消してくれる重宝アイテムですが、使いすぎると皮膚を痛めてしまい、かゆみを引き起こす原因となります。

 

制汗剤の中には汗を抑えるタイプもありますが、こちらは汗腺に蓋をするようなもの。

 

使用頻度は考えたほうがよさそうです。

 

 

4.まとめ

 

脇 かゆい

 

症状から分かる脇のかゆみ3つの原因をご紹介してきました。

 

女性にとって、脇はとても大事なケアポイントですよね。

 

ここがかゆいとテンションが一気に下がってしまいますから、しっかりと対応をしていきたいものです!