体がムズムズかゆい!体のかゆみを引き起こす3つの原因とは?

体 かゆい

 

特に湿疹などは見られないのに、体がかゆい。

 

こういった異常に悩まされている人も少なくはなく、ちょっと怖いとすら感じますよね。

 

全身がなんとなくかゆいと感じたとき、何が原因として考えられるのでしょうか?

 

ここでは、体のかゆみを引き起こす3つの原因についてご紹介していきます。

 

 

1.乾燥によって発症する「皮膚掻痒症」

 

体 かゆい

 

湿疹がないのに、体がかゆいと感じるのは皮膚掻痒症(ひふそうようしょう)」と呼ばれる疾患だと言われます。

 

何も皮膚に異常が見られないのに、その部分が突如としてかゆくなり、何度もかいてしまうのです。

 

皮膚掻痒症を引き起こす原因として考えられるのが、「皮膚の乾燥」です。

 

スポンサーリンク

 

空気が乾燥する冬季は、特にこの皮膚疾患を引き起こす人が多くなると言われており、もし冬に体がかゆくなるならば掻痒症と思って良いでしょう。

 

皮膚が乾燥してかゆいと感じているならば、保湿クリームを塗るなどすれば治る場合が多いです。

 

健康的な人であれば、ちょっとしたかゆみ程度で済み、皮膚が本来持っている保湿機能によって守られます。

 

 

ここがポイント!ターンオーバーの乱れで肌が弱るとかゆみが強い

 

体 かゆい

 

皮膚掻痒症によって、体のかゆみが強いときは皮膚科へ一度受診しましょう。

 

皮膚が乾燥しやすい体質かもしれませんし、もしかゆみが出たときに塗る外用薬等を処方されるので、発症したときは安心です。

 

スポンサーリンク

 

皮膚の乾燥は、刺激が強いボディーソープなどを使っていると生じます。

 

また、睡眠不足や食生活の乱れによって、ターンオーバーのサイクルが崩れることによっても発生。

 

根本的なところを治していかなければ、乾燥の時期になればいつも悩まされてしまうので、しっかりと改善をしていきたいですね。

 

 

2.刺激で発症する「接触性皮膚炎」

 

体 かゆい

 

肌の一部分に外部からの刺激を与え続けると、場合によっては炎症を引き起こすことがあります。

 

これを「接触性皮膚炎」と呼んでおり、かゆみやヒリヒリとした痛み、腫れなどが発生するのです。

 

特に代表的なのは湿布や塗り薬ですね。

 

もしこれらが関係してかゆいと感じたならば、使用をすぐに中止します。

 

もし異常が残るようであれば医師に相談するなどして対応をしていきましょう。

 

ローションやクリームを塗ってかゆくなるならば、その製品に含まれている成分に体が反応しているので使用を中止してください。

 

 

3.全身がかゆい場合は、皮膚とは違う病気の可能性もある

 

体 かゆい

 

皮膚掻痒症などは、ところどころがかゆくなり、それが体全体へと広がっているというイメージです。

 

全身が全部かゆいというわけではありません。

 

ところが全身がまんべんなくかゆいときは、違う病気が考えられます。

 

たとえば貧血、糖尿病、痛風、肝炎、がん、神経症などです。

 

湿疹ができておらず、全身に強いかゆみが生じている、発熱などがあるときは一度病院で診断をしてもらいましょう。

 

最初は皮膚科へ、もし発熱や体調不良があるときは内科でも良いと言われます。

 

 

4.まとめ

 

体 かゆい

 

体のかゆみを引き起こす3つの原因をご紹介してきました。

 

湿疹など異常が見られなくても、体がかゆくなる時は誰にでもありますよね。

 

原因を特定して早めに対処をしていきましょう。