新生児に起こる湿疹の悩み!新生児に見られる湿疹の原因3つと対処法

新生児 湿疹

 

新生児は免疫力が未熟な関係で、様々な病気にかかるリスクがあります。

 

大人と違い、薄くてバリアに乏しい新生児の肌も、多くのトラブルを抱えてしまいます。

 

湿疹が出ることは決して珍しくはありませんが、何が原因で発生してしまうのでしょうか?

 

ここでは、新生児に見られる湿疹の原因3つと対処法についてご紹介していきます。

 

 

1.生後1週間から1か月の間に発症する「新生児ニキビ」

 

新生児 湿疹

 

新生児の湿疹トラブルで一番多いのが「新生児ニキビ」です。

 

ニキビと聞けば思春期に発生しやすいイメージがあって、新生児は全く関係ないように感じますよね。

 

ところが新生児、特に生後1週間から1か月の間は頻繁にみられる湿疹です。

 

大人にできるようなニキビと同じようなものが、おでこやほっぺに現れて、顔全体に広がって真っ赤になってしまうこともあります。

 

この湿疹は、清潔な状態を保っておけば生後2か月目ぐらいにはきれいに治っています。

 

スポンサーリンク

 

新生児にニキビができる原因は、女性ホルモンの影響を強く受けた関係で皮脂が過剰分泌しているためです。

 

過剰分泌された皮脂が毛穴に溜まってしまい、常在菌の活動を活発化させてニキビになるのだとか。

 

外部からの刺激や汚れなどによって影響を受け、炎症を引き起こしてしまうこともあります。

 

 

2.生後4か月ぐらいまで発症する「乳児脂漏性湿疹」

 

新生児 湿疹

 

新生児ニキビと同じぐらいの頻度で、新生児にみられる湿疹として「乳児脂漏性湿疹」があります。

 

生後4か月ぐらいまでに現れやすくなり、頭部と顔面に黄色っぽいかさぶたや、フケが出てくるようになります。

 

スポンサーリンク

 

かゆみ等はほとんどありませんが、炎症を同時に引き起こすと赤く腫れます。

 

患部がぐじゅぐじゅするケースも見られますので、保護者は気になってしまうでしょう。

 

原因は、母親から受ける女性ホルモンが影響していると言います。

 

女性ホルモンが多く分泌される傾向が強い新生児は、過剰分泌されてしまった皮脂が、肌表面にある毛穴に溜まってしまうことがあります。

 

これが原因だと考えられているのです。

 

 

ここがポイント!肌を清潔に保つのを重視することが大切!

 

新生児 湿疹

 

「乳児脂漏性湿疹」をケアするには、入浴時に肌をしっかりと洗って清潔に保ちましょう。

 

もしかしたら、かさぶたのようなものがへばりついている可能性もありますが、そのときは無理にはがさずにワセリンなどを使って取りましょう。

 

シャンプー等は刺激の少ないタイプを使って、しっかりと泡立ててから包み込むようにして洗ってください。

 

赤ちゃん自身が爪をつかって患部を傷つけないように、爪は丸く切りそろえておくように。

 

かきむしろうと行動するのであれば、柔らかいミトンなどを付けてあげるなどして処置をしておきましょう。

 

 

3.汗による蒸れから引き起こしやすい「あせも」

 

新生児 湿疹

 

新生児の湿疹の代表として「あせも」も忘れてはいけません。

 

暑い時期やねんね期の赤ちゃんに対して多くみられる光景です。

 

首から背中、さらにはおしりなど汗をかいて蒸れやすい部分に頻発する傾向があります。

 

新生児では白いぶつぶつ、それ以降になると赤いぶつぶつが特徴的となり、かゆみを伴うこともあるのだとか。

 

爪でかいてしまうと、黄色ブドウ球菌に感染をして膿が出る「とびひ」の状態になることも考えなければいけません。

 

赤ちゃんは汗を大量にかいて、基礎体温も高めです。

 

そして汗腺が未発達になっている関係で、汗が溜まりやすいとも言われます。

 

すると肌が重なる部分はとくに蒸れやすく、ブドウ球菌が増殖して「あせも」が出現するのです。

 

 

4.まとめ

 

新生児 湿疹

 

新生児に見られる湿疹の原因3つと対処法をご紹介してきました。

 

とくに初めての育児ともなれば、新生児の肌トラブルはとても心配になってしまいますよね。

 

とてもデリケートな肌をしていますから、しっかりと対処をしていきましょう。