頭皮にかさぶたができる3つの原因とは?かさぶたができた時の対処法

頭皮 かさぶた

 

頭皮は、鏡を使っても自分で状態を確認するのは難しいですよね。

 

どうしてもケアは顔ばかりに注目されてしまいますが、同じ皮膚を共有している頭皮も、顔の皮膚以上にデリケートです。

 

何気なく頭に手をやったときに、いつできたかわからない「かさぶた」を発見したときは、不安に感じてしまうものですよね。

 

頭皮にかさぶたができる原因には、何が考えられるのでしょうか?

 

ここでは、頭皮にかさぶたができる3つの原因と、かさぶたができた時の対処法についてご紹介していきます。

 

 

1.ほとんどの頭皮かさぶたは「脂漏性皮膚炎」によってできる

 

頭皮 かさぶた

 

頭皮にかさぶたができるのは「脂漏性皮膚炎」が原因になっているケースが一番多いです。

 

皮膚が荒れてしまいフケが多く目立ったり、カサつきやかゆみが生じるという自覚症状があり、皮脂が酸化するので酸っぱいようなニオイを発します。

 

脂漏性皮膚炎が生じる主な理由に、多量に分泌されてしまった皮脂が関係しています。

 

スポンサーリンク

 

頭皮は体の中でも皮脂腺の分泌が多い場所だと言われており、テカリが気になってしまうTゾーンと呼ばれるエリアよりも、頭皮のほうが皮脂が多く分泌されます。

 

分泌された皮脂は、雑菌にとって贅沢な餌となり、それをエネルギーとして雑菌は繁殖を繰り返します。

 

雑菌が食事をした後に分解される物質が炎症を引き起こしたり、ニオイを発生させる原因となるのです。

 

 

2.頭皮に残った「皮脂の汚れによる炎症」がかさぶたを作る

 

頭皮 かさぶた

 

脂漏性皮膚炎だけが、頭皮にかさぶたを発生させる原因ではありません。

 

たとえば、頭皮に皮脂による汚れが残っていると、そこから炎症が発生してかさぶたを形成させている可能性もあります。

 

シャンプーの仕方って人によって大きく違いがありますが、そのやり方によっては頭皮を傷つけてしまう恐れもあるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

頭皮をマッサージするようなかたちで、毎日のお風呂でシャンプーをしてあげると、頭皮にへばりついている皮脂や汚れ等をしっかりと洗い流すことが可能となります。

 

正しいシャンプーの仕方というのを知り、少しずつ実践していくことも大切でしょう。

 

 

3.肌への刺激が引き起こす「接触性皮膚炎」の可能性もある

 

頭皮 かさぶた

 

皮膚はとてもデリケートです。

 

デリケートなのに外部や内部から刺激を受け続けるので、どこかしらで異常が発生していても、それは何ら不思議なことではありません。

 

肌質は人それぞれ違いますので、友人や知人に合うシャンプーが、自分に合うとは限りません。

 

他の人が薦めているからという理由で使ったシャンプーが、自分に合わず「接触性皮膚炎」を発生させてしまうことも考えられます。

 

接触性皮膚炎とは、自身の肌質に合わない成分が常に同じ皮膚に当たり続けると、そこが炎症を引き起こし痛みやかゆみを生じさせることを指します。

 

この場合は、刺激の少ないシャンプーに変えるか、しっかりと洗い流すことが大切となります。

 

もし改善が見込めなければ医師に相談をしましょう。

 

 

4.頭皮のかさぶたを治す対処法

 

頭皮 かさぶた

 

頭皮にかさぶたが発生したら、かかないようにしてください。

 

かゆみを伴うので、どうしても気になってしまい、かきたくなりますよね。

 

ですが、無理にかさぶたを取ってしまうと治りが悪くなるばかりか、落ち着いていた症状が活性化される可能性もあります。

 

皮脂量が多いと、頭皮のかさぶたが発生しやすくなります。

 

そのため食生活を見直すという点も、非常に大事に考えておかなければならない点といえるでしょう。

 

たとえば、脂っこい食べ物を避けながら、ビタミン類を積極的に摂ります。

 

さらに、紫外線を浴びると、それだけで皮膚が酸化されて炎症を引き起こす原因となります。

 

適度な日光浴は必要ですが、過度に浴び続けるという状況は危険ですので、ほどほどにしておきましょう。

 

 

5.まとめ

 

頭皮 かさぶた

 

頭皮にかさぶたができる3つの原因と、かさぶたができた時の対処法について見ていきました。

 

頭皮のかさぶたはいつの間にかできていたという場合が多いようですね。

 

頭皮を気にする人は、意外と少ないというのが現状ですので、しっかりと対応をしていきたいものです。