顔の湿疹は異常事態?顔湿疹が発生しやすくなる4つの原因

顔 湿疹

 

顔にできる湿疹。

 

湿疹とは、かゆみを伴う皮膚の炎症のことを指すのですが、人によっては我慢できないほどの強いかゆみに襲われることもあり、油断できません。

 

では、どうして顔に湿疹ができてしまうのでしょうか?

 

ここでは、顔湿疹が発生しやすくなる4つの原因についてご紹介していきます。

 

 

1.顔の湿疹は「接触性皮膚炎」の可能性もある

 

顔 湿疹

 

顔に湿疹ができる一番の理由は、刺激物との接触です。

 

原因になる物質は多岐にわたり、人によっても異なるので一概に記述するのは難しいのですが、代表的なものとして石鹸や洗剤、化学物質やハウスダストなどが挙げられます。

 

自分にとって刺激となる物質が、顔に接触することによって湿疹が発生。

 

かゆみだけでなく、赤く腫れたりヒリヒリとした痛みを伴うケースも確認されており、しっかりと対処をしなければ症状が悪化する場合もあります。

 

スポンサーリンク

 

湿疹が発生したら、その直前に何か刺激のあるものが顔に接触した可能性があります。

 

最近、化粧品を変えていませんか?

 

いつもとは違う洗剤や洗顔料を使っていませんか?

 

何かしら原因があるはずですので、そこを探して排除していけば改善できる可能性があります。

 

刺激物の使用を一旦中止すれば、肌のターンオーバーのサイクルによって自然と治るでしょう。

 

もしひどくなるようでしたら一度皮膚科に行き相談してみるのもおすすめです。

 

 

2.「脂漏性皮膚炎」による皮膚の炎症によるもの

 

顔 湿疹

 

顔に湿疹ができる代表的な原因として、「脂漏性皮膚炎」があります。

 

脂漏性皮膚炎はマラセチア真菌と呼ばれるカビが皮脂を餌として繁殖を繰り返し、炎症を引き起こすのです。

 

真菌という点からわかるように、マラセチアはカビの一種です。

 

カビといっても誰の皮膚にも存在している常在菌と呼ばれるものですので、不潔という意味ではありません。

 

スポンサーリンク

 

マラセチアは誰にでも常在している菌ですが、皮脂が過剰に分泌される状況下において、「遊離脂肪酸」を生成します。

 

この遊離脂肪酸は皮膚への刺激がとても強く、皮膚炎を引き起こす性質を持っているので、皮脂の多い部分に脂漏性皮膚炎が生じるのです。

 

皮脂の過剰分泌と、マラセチア真菌の2つの原因が重なることによって、脂漏性皮膚炎が生じます。

 

ムズムズとした独特のかゆみと、角質がはがれ落ちるのでフケのようなものがこぼれる特徴があります。

 

 

3.皮膚が「乾燥」すると湿疹ができやすくなる

 

顔 湿疹

 

顔に湿疹ができやすい肌質は、主に「乾燥肌」です。

 

肌が乾燥すると、外部刺激から肌を守ってくれるバリア機能が失われてしまうので、湿疹ができやすくなります。

 

悪者扱いされている皮脂ですが、皮脂がなければ外部からの刺激ですぐに肌荒れを引き起こしてしまいます。

 

ですが過度にありすぎると、脂漏性皮膚炎になってしまい、湿疹の原因となるのでそのバランスが大切なだけなんですね。

 

洗顔をしすぎたり保湿ケアをしなければ、肌を守るバリアが損なわれてしまい乾燥肌になってしまうので、湿疹ができる可能性もグンと高くなってしまいます。

 

 

4.湿疹が発生しやすい温かくなる時期は特に注意が必要!

 

顔 湿疹

 

顔に湿疹ができやすい季節というのも、ある程度は特定されています。

 

多くは夏や梅雨といった温かい季節に多いです。

 

これは、虫刺されによって湿疹ができやすいというのと、汗をかきやすい時期だからという2つの理由があります。

 

夏になれば人間だけでなく、虫も活動を活発化させます。

 

アウトドアに出かければ虫刺されで悩まされるケースも少なくはありません。

 

虫に刺されやすいという意味で、温かい季節は湿疹ができやすいのです。

 

また汗には老廃物が含まれており、それが毛穴を詰まらせる原因となります。

 

すると常在菌の活動が活発になりニキビなどの肌トラブルの原因となり、湿疹ができやすくなるのです。

 

 

5.まとめ

 

顔 湿疹

 

顔湿疹が発生しやすくなる4つの原因をご紹介してきました。

 

顔の湿疹は、外部からの刺激が原因となっていることが多いようです。

 

顔に湿疹ができれば、嫌でも目立ってしまうので厄介ですよね。

 

原因等を特定して、素早く対処していきましょう!