かかとがかゆい原因2つとは?かかとのかゆみを治療する方法

かかと かゆい

 

かかとがかゆいと、歩く時に大変ですよね。

 

かくと白くボロボロと垢が剥がれやすいので、かいた後が大変な状態となり、人に見せるのが恥ずかしいと感じてしまいます。

 

そんなかかとのかゆみですが、何が原因で発生するのでしょうか?

 

ここでは、かかとがかゆい原因2つと、かかとのかゆみを治療する方法についてご紹介していきます。

 

 

1.白癬菌の感染によってかかとがかゆくなる

 

かかと かゆい

 

かかとがかゆいときに、まっ先に疑うべきなのが「水虫」ですね。

 

水虫って、指と指の間にだけできるものだと一般的に思われていますが、実は爪にもできますし足全体にできるタイプもあります。

 

かかとがかゆいと感じて、ボロボロと白い粉みたいなのが落ちるときは、ほとんどが水虫と思って間違いはありません。

 

スポンサーリンク

 

水虫は、白癬菌というカビの一種が繁殖することによって発症する感染症。

 

白癬菌は体のどこにでも繁殖する可能性がありますが、靴下や靴によって通気性が悪い足が一番繁殖しやすいです。

 

かかとにできる水虫は、指の間にできるタイプとは違って、かゆみも少ないため単なる乾燥肌のような印象を受けます。

 

ですが、かかとの皮膚が厚くなるなどの異常が見られますし、放置しておくと薬が浸透しにくくなって治るのに時間がかかります。

 

 

ここがポイント!悪化する前に医療機関での専門的な治療してもらう

 

かかと かゆい

 

かかとがかゆいときに疑われる水虫ですが、治療をすぐに開始しなければ症状が悪化するだけです。

 

そのためには皮膚科へ行き、専門的な診断とそれに沿った治療が不可欠と言えるでしょう。

 

市販で水虫に効果があると謳われている薬も多く販売されていますが、その薬だけで治すのは非常に難しいです。

 

スポンサーリンク

 

もし水虫以外が原因であったときには、そこで市販の薬を使ってしまうと、症状がかえって悪化する可能性もあります。

 

皮膚科に行けば感染していると思われる場所の皮膚を採取して、顕微鏡で観察してくれます。

 

そこに白癬菌がいれば水虫と断定され、適切な治療がスタートしますので、まずは医師に相談をしてください。

 

 

2.発生原因不明の汗疱の可能性もある

 

かかと かゆい

 

かかとが異様にかゆい時は、「汗疱(かんぽう)」の可能性も疑われます。

 

汗疱は、小さな水ぶくれが突然に多発してかゆみを伴います。

 

時間が経過するにつれて、水ぶくれは破裂し角層が剥がれ落ちます。

 

角層が鱗みたいに次々と落ちていく汗疱の症状もあり、こちらはかゆみをほとんど感じないというのが特徴です。

 

どうして汗疱ができるのか、今のところ不明です。

 

 

ここがポイント!保湿クリームや抗アレルギー剤などで対応する

 

かかと かゆい

 

汗疱が足の裏に発生したとき、軽症であれば保湿クリームを塗って対応が可能です。

 

かゆみが強いときには、抗アレルギー剤が配合されている軟膏、炎症が目立つときにはステロイド外用薬が用いられる場合もあります。

 

汗疱はとてもありふれた病気だと言われていますが、実際に原因のところは分かっていません。

 

そのため対処療法が一般的な治療ですので、これをすれば確実に治るというものではないのが現状です。

 

 

3.まとめ

 

かかと かゆい

 

かかとがかゆい原因2つと、かかとのかゆみを治療する方法をご紹介してきました。

 

普段の生活で、かかとを使う頻度は高いことで知られています。

 

その場所がかゆいと、満足な毎日を送るのが大変になりますので、しっかりと原因を突き止めて対処をしていきましょう。